アクア 5年落ち

サイトメニュー

売る時の疑問 ローン支払い中の車の買取 リサイクル料金は戻ってくるのか 故障車・事故車の買取 自動車を払っていない車の買取 自動車税納税保証書がなくなってしまった場合 まとめ

 

売る時の疑問

車を売る時、売るなら一括査定とか、売る時はこうしておくといいって言うのは良く見ると思いますが、細かい疑問に関しては実はよく理解してないって事があると思います。

 

そこで、そんな細かい疑問に関してまとめてみました。

 

売る時に大事な事もあるので参考にしてみてください。

ローン支払い中の車の買取

基本的には車の買取の際にはローンは完済していなければいけません。さらに所有者が自分ではない場合は、所有権を自分名義に変更していることが前提です。

 

しかし、ほとんどの場合は、ローンが残っていても売ることはできます。その理由は査定の結果により、決まった買取額からローンの残債を一括で返済してくれる形を買取業者はとってくれるかです。そして、その返済した分を引いて、残った分が支払われることになります。しかし、必ずしも返済分が買取額で支払えるとは限りません。

 

その為に、不足分は買取店へ売った側が支払うことになります。その際、不足分をローンを組んで支払うようにすることも可能です。そして、車を売ったお店で新しく車を購入する場合、不足分を新しい車の支払いに上乗せる形でローンを組むこともできます。

所有権の名義

所有権というと少し堅苦しい感じもしますが、所有権が誰なのかは車検証を見れば簡単にわかります。車検証には自動車の形式や排気量の他にも使用ている人の名前とその車の所有権が誰なのかが真ん中あたりに書かれてます。車の所有者=所有権を持ってる人の為、所有権を持ってる人は車検証の所有者欄に必ず記載がされているんです。

 

ただし、自動車ローンを組んでいる場合は一時車両代金を肩代わりしてくれているファイナンス会社や自動車ディーラーが所有者になってることがあります。もし肩代わりしてる会社が所有権を持ってる場合は、それを解除してからでないと売ることができないんです。なので売る前には必ず会社にお願いして所有権の解除をしてもらう事が必要になります。

所有権の解除

所有者の解除は書類作成を扱う行政書士や司法書士でないとできないと思うかもしれないですが、実は非常にシンプルで、個人で行うこともできます。

所有者解除に必要な書類をもらう

まずは、所有者の所有解除に必要な書類を一式そろえておきましょう。

 

必要な処理は以下のものになります。

・自動車検査証(車検証)
・新旧所有者の印鑑証明
・新旧所有者の委任状
・納税証明書
・譲渡証明書
・新所有者の車庫証明

です。

 

これはそれぞれローン会社に「所有権の解除に必要な書類を一式用意してください」といえばもらうことができる書類です。所有者が自分ではない場合はまず、所有者に問い合わせてみましょう。

自分の書類を揃える

解除が完了したら今度は自分の書類を揃えないといけません。その為には、新しい所有者としての車検証の記載を変更するために必要な書類があります。

 

それが以下になります。

 

・車検証
・印鑑証明書

の2つだけでなので、非常にシンプルです。

 

所有権の解除は簡単に言えば所有の正しい所有者が車を譲渡し、所在の正しい新たな所有者に所在を移すという事です。

 

陸運局

車検所という自分の管轄の陸運局へ行き、所有者権解除を行う必要があります。揃えた書類を一式持っていき、窓口で提出するとチェック担当者が確認してくれます。場所によっては所有者権解除と書かれてる場所もあるのでわからない場合は案内板等を確認するといいでしょう。

 

確認が終わると、その後は所有権が変わった車検証が発行されるのを待つだけです。ただし、これはあくまでローンを完済してる場合にのみ行ってくれることで、未納があったり、支払いの滞納があったりすると解除の為の書類を揃えてはくれないので気を付けてください。

 

リサイクル料金は戻ってくるのか


業者にもよりますが、査定額に含まれる場合があります。業者によっては別に支払われるような業者もあります。

 

リサイクル料金

車を売る時、ローンやクレジットを完済して車を廃車にする場合は、有用資源をリサイクルする事が目的で、自動車リサイクル法というのが作られました。これに伴い、所有者はリサイクル料金を支払う必要があるんです。現在は車を購入した時に一緒に支払うようになってます。

 

そして、車を売却する時、支払ったリサイクル料金は次の預託金相当額として受け取ることができるんです。この受け取りの時に、査定額に含まれる業者と別に支払ってくれる業者の二通りあるので売る業者に確認をしておく必要はあると思います。

 

リサイクル預託金は正確にはリサイクル料金+情報管理料金=リサイクル預託金となります。

 

故障車・事故車の買取

故障の程度によって買取状況は変わりますが、ほとんどの場合は故障車であっても売ることはできます。ほとんど買取を拒否する業者がいませんが、中には故障の状況によっては買取拒否をされることもあるので、程度によります。

 

業者が買取をしてくれる程度の故障

バッテリーが上がってる状態

バッテリー上がりの経験は誰でもあるとおもいます。とくに多いのが大型連休等の気温が暑く、数日車に乗らないでいる時がバッテリー上りが多い時です。しかし、バッテリーが上がった車を売っても通常の査定額を出してくれる業者がほとんどです。場合によっては交換が必要な事もありますが、今のままで充電すれば動くなら問題ないので通常の買取依頼をしてしまってもいいと思います。

灯火類が切れてしまっている場合

実は知らない間に灯火類が切れてしまっていて、点検の時に初めて知ったって人もいると思います。ただ、ほとんどは部品代や工賃共の安い球交換だけで済む場合があるのでそこまで心配する必要もありません。

 

バッテリーと同じく故障の中ではかなり軽度のレベルになるのでこの辺は心配いりません。

車内エアコンが壊れてる場合

最近は頻発頻度は低いのであまり経験のある人はいないかもしれないですが、修理をしたことがある人は修理代が結構した為、査定額も安くなるとおもってるかもしれません。

 

しかし、実はエアコンの修理にかかる原価はそこまで高くない為、故障した状態でもそこまで大きな減額にはなりません。なので、査定額は多少下がる場合はあっても買取を拒否されることはないので通常通り売ることはできます。

傷やへこみ

傷、へこみは中古車としての再販価値が下がるので、買取の時、査定額は大幅に下がると思ってませんか?確かに査定額が安くなります。中古車市場は販売価格の相場がある程度決まってる為、傷やへこみがある車は価格は下がります。

 

しかし、大幅に安くなるというのは間違いです。傷やへこみは基本たたく、磨くといった修理がほとんどなので人件費にするとそこまで高くないんです。なのであまり修理にかかる費用が高くならないので大幅には減額されません。なので通常に買取依頼をしてしまっても問題ありません。

エンジンの損傷

事故などでエンジンが損傷してしまうことはあります。

 

多くの車はフロントにエンジンを載せているので衝突等すると、エンジン部分が損傷する可能性は高いです。そうなってしまった車は通常の買取はできないので、買取依頼しても安くなってしまって、引き取ってもらえるだけマシって思う人も多いと思いますが、その場合は事故車専門の買取業者もあるので一般的な業者に比べて高く買取してくれることがあるので、そっちを利用してみるのもいいと思います。

 

自動車税を払っていない車の買取


基本的には納付してから買取に出しましょう。自動車税はほとんどの場合、4月下旬から5月上旬くらいまでに送られてきて、5月末までに収める事になります。車を売る時、買取業者から新たな購入者に名義が変わることになるので、その際、必ず自動車税納税証明書が必要になるんです。

 

つまりは自動車税を滞納してる場合、名義変更ができないので売ることがそもそもできないという事です。

 

自動車税を滞納したまま売ると査定をしてくれる業者はほぼいません。そもそも自動車税は車を所有する人の義務です。今の車を売却しようとするなら、まず滞納分を支払ってから手続きをするようにしましょう。もし、滞納してるままで売ってしまった場合、買取査定額から大幅な精算がされることになりますので注意してください。

 

自動車税納税保証書がなくなってしまった場合


車の売却には必ず自動車税納税証明書が必要になりますので、紛失したままでは業者は買取してくれません。そこで必ず売る前には自動車税納税証明書を再発行してもらっておきましょう。

 

自動車税納税証明書は自動車税を納めた都道府県の税事務所、軽自動車の場合は市区町村に行けば再発行をしてくれます。基本は必要書類に記入してそのままで出せはOKです。ただ、納付後に引越しをした等で他の都道府県に移動した場合、税を納めた時の住所を管轄してる税事務所に申請しないといけません。遠方にいる場合は郵送で再発行申請をすることもできます。申請書に必要事項を記入するか、車検証のコピーの余白等に再発行してほしい事を書いて信用封筒を同封して税事務所に送ればOKとなります。

 

封筒には必ず郵便番号、住所、氏名、切手を貼っておいてください。

 

まとめ


基本ローンが残っていても、事故車や故障車であったとしても多少査定金額は減額されますが、ほとんどの場合は問題なく売ることはできます。ただし、ローンに関してや所有者かどうかに関しては必ず確認しておかないと売ることができないこともあるので、売る前にまず確認しておくことをお勧めします。

 

ただ、それも業者によって対応が変わって来たり、中には買取に関して厳しい業者もあるので、一度売ることができるかどうかを必ず確認しておく必要があります。